ウルトラ シャイ

色白なヒーローのおはなし。

破門 ふたりのヤクビョーガミ 舞台挨拶

 

ご縁があり、破門の公開舞台挨拶に参加させていただきました。

初めて1人で大阪行ったのですが、道が分からなさすぎて!迷いながらやっとこさついたなんばパークスシネマ。

 

f:id:hw458:20170131074213j:imagef:id:hw458:20170131074227j:imagef:id:hw458:20170131074247j:imagef:id:hw458:20170131074304j:imagef:id:hw458:20170131074314j:image

 

どこまでも破門!!!ありがたい…

(なんばには横山くんのサインはなかったんですが、エキスポシティにはあった?みたい)

 

f:id:hw458:20170131080130j:image

会場はこんな感じ。わたしはG列でした。

横山くん達はお客様通路から入って来てて、⑦ブロックの横から入場。順番は蔵之介さん、横山くん、小林監督でした。

服装は黒のスーツ、黒のカッターシャツ、くすんだボルドーのネクタイ。

髪の毛はいつもと同じで、でも右耳のところは跳ねてなかったです。残念。笑

 

進行さんが話し出す前に、蔵之介さんの名刺プレゼントじゃんけん大会!

横山くんも監督も客席降りて参加→一回戦敗退(もちろんわたしもです笑)

四回戦くらいまでやって、10人前後残ってたんだけど、「行くか」って蔵之介さんがぼそっと言って直接お渡し。わたしの隣の席の方が勝ち進んで、いただいてました。

目の前で見た蔵之介さん脚長いし、ほんとかっこよかったです…うわぁ〜ってなりました。ありがたや。。

全員裏にメッセージ書いてて、その方のは「100人に勧めんかい!」的な感じ。2行くらい書いてました。そしてまた字が綺麗。

みんな蔵之介さんにキャーキャーなってるから(そりゃそうだ)、壇上に残る横山さんは「今キャーキャー言える時やで〜、男前ここおるで〜」みたいなことをぼそぼそ言ってました。笑

 

そのあと挨拶があって、お話。

(覚えてる範囲です。会話はニュアンスです。)

 

  • 出てくる前になぐりガキの振付を横山くんから教わった蔵之介さん。でも手と足がバラバラに動くためやらない方がいいと監督に止められる。笑
  • はり重のお肉を劇中で初めて食べた横山さん。松竹座の横にあるみたいで蔵之介さんはスーパー歌舞伎のときに出前していた。横山さんは松竹座の前にあるエッグタルト屋さんが大好きで、舞台中「食べたいな〜」って言って差入れてもらってた。それから食べたいものを話すようになった。
  • 大阪に来たら絶対食べるものの質問で、監督が「うどんかな〜、新大阪のなくなったよね?」って言ったら2人が「それな!」みたいな顔で監督の方指差すの、タイミングも顔も同じでかわいかった。もうなくなった立ち食いそば?屋さんに昔メンバーと言ってた話もしてた。
  • くくるっていうたこ焼き屋さんが監督の先輩が経営してるところで、横山さん「そうなんや!この間うちの番組来てくれて…僕よく買うんですよね〜。あそこ最後白ワインでフランベするんですよ。昨日も弟とたこ焼きやって、真似しましたね。美味しかったです」どこまでも弟ネタ。お客さんきゃーってなってた。
  • 監督が乗らせていろんなことアドリブでやったのにほぼカットになってる!とお怒りのお二人。監督は「しょうがないんだよ〜」DVDの特典とかにって話も出てたのでぜひお願いしたいです!監督!!
  • この映画、男性と女性どちらに勧めたいか?の質問の流れで、男性の友情についてみたいな話になって、横山さん「あんまり仲よすぎても(べたべたしたり)気持ち悪いやないですか。俺村上とかそうですもん。隣村上来たらちょっと避けますもん。近っ!って笑」わたし「くっ…ヨコヒナ…」会場「ひぃっ」もれてる…笑 
  • この続編とかはみなさんにかかってるよ!の話から、横山さん「どうやってすすめんの!?僕たちこんな頑張ったけど」蔵之介さん「大阪やからこんな風に言えるよね!東京やとよう言われん!笑」横「東京の舞台挨拶、蔵之介さん縮こまってましたもんね。笑」

 

多分まだあるんですが覚えてるのがこのくらい!

横山さんのテンションはテレビの時と違って落ち着いてました。蔵之介さんのがテンション高かったかな?

最後はける時も入場と同じ方向で出ていかれました。最後ファンの子たちと握手しだした時はわたしのいたブロックはちょっとだけ「…うそやん…」ってなりましたけど、横山さんがまた人を幸せにしたと思えば!ハッピー!←

 

とっても貴重な体験をさせてただいたなと思っております。彼にとってもわたしたちファンにとっても特別な映画になるじゃないですか、きっと。新年会にもあったけど、関ジャニ∞のこれからって本人たちの力と、ファンの力がないと、トップには立てないから。あの場でしっかり気持ち聞いたので、あとは答えていかないとなって思いました。

映画の感想はまた次回!